小学生のころ

小学生の頃に、よく本を借りて読んでました。
学校の図書室で。
なんだか懐かしい想い出です。
公共の本は清潔じゃない、なんていう親もいるみたいですけど、無料で借りて読むことができるなんてやっぱり便利。
学校のものってなんだか神聖な感じもあってね、なんだかいいのです。

一階の借りたことがないって人もいるようですねー。
でもいい想い出でした。
今も区などで運営してる図書館に通います、たくさんの本があって楽しいところですよ、図書館って。
走り回ったりはしないけど、あそこで走り回るお子さんの気持ちはわかります。
なんだか楽しいところなのです。
(でも騒いではいけません、もちろん)

小学生だったことのことを思い出すなんておかしいのかな?
でもそういうことってあるでしょ?昔を思い出す(昔って!!)。
それは楽しかったから思い出すのです、嫌な事は忘れて、楽しかった、
まだ親に守られてたころって大切な思い出がいっぱい。
あの頃に戻りたいなーー。
今もいいけどね!

このブログ記事について

このページは、のどかが2020年10月 1日 20:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ご飯を鍋で。」です。

次のブログ記事は「ジョージ6世」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク