義理の家族

義理家族とのからみというのは実にやっかいだと思います。
そうはいっても通らなくてはいけない道なんだけど。

イギリスのロイヤルファミリーも同じで、めーがんさんはやたら自分の母親と過ごしたいと思ってるし、
過去にはキャサリン妃も実家でクリスマスを過ごしてます。
クイーンもこのあたりは寛大なようですけど、
メーガンにかぎっては、国民が許してない、という感じ。

義理の家族とのからみは、日本では盆とお正月、かな。
年に2回のからみも嫌で嫌で、それによって離婚にまで発展するカップルもいるからね、
男性側も慎重になりますね。
なるべくなら、遠くでそれぞれの生活を見守る、がいいのではないかな。
面倒くさいですよ、お互いに。

まだ、親のほうで子供がくるのを待ち望んでいるのかな。
そういう時代は終わったと思うよーー。
かといって、こういうチャンスがないと家族と顔を合わせないってこともよくないですからね、
いいチャンスと思って顔をあわせるのもいいですね。

矛盾してるけど、いい感じにやっていってほしいものです。
一般人も、メーガンさんもねー。


このブログ記事について

このページは、のどかが2020年2月 1日 15:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「値上げ、ばかり。」です。

次のブログ記事は「メガネが当たるところ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク