地図

他の国へ行くとなりうと、まず主要都市ってどこに位置するの?って見ます。
だいたいはキャピタルに到着するとして、そこからまた主要な観光地ってどこ?って、
やっぱり地図を見ます。
見ない事もあるけど、それはひとえに時間がないとか、パッケージツアーで、
知ってたってどうしようもない場合、、、でしょ?
そうじゃない場合は見て、ここに位置してるのか、、となります。
だからって距離が縮むこともないのですがね。

泊るところが決まったら(ツアーじゃなくて)、その周りで歩いて行けるところもチェック。
そうじゃない場合は、バスとか電車とか、どんな生き方があるのかチェック。
アジアならトゥク・トゥクもあるね。

レンタルの自転車もあるかも、、、ヨーロッパにありますね、坂が多いけど汗
そうやって自分の旅の形が出来てくる。嬉しい!

さて地図。
まずはおおざっぱな地図を探しては青くするんだけど、問題は都市部。
街の中野地図を見ても距離感がつかめない、いやね、つかめる人が多いと思うけど、
私はさっぱりつかめない派。
ここからここまでどのくらいなんだろう、、って毎回悩みます。
グーグルで確認もするけど、じっさいには違うこともあってね、、、渋滞とか。。
歩いていけるところなら、そして人がいるよところならさほど困りません、
人に聞けばいいんですもの。
言葉が通じる、とのい前提で。
だから歩いて行く時は目的地の住所や名称などを書いたメモを片手に歩くのだ。
これでだいたいどこへも行けます。
地図を見ながらって、歩きにくいし、よく分からないので感覚だけで歩きます、、
ダメかな、、これ。

このブログ記事について

このページは、のどかが2019年12月 1日 14:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「丁寧な医者」です。

次のブログ記事は「値上げ、ばかり。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク