2018年11月アーカイブ

飛行機の異常

時々、なにかの設備に問題があったり、点検に時間がかかったりして送れる飛行機がありますが、
以前は「早くしてーー」なんて思ってたのですが、
今は「どうか無事に飛べる状態にしてください」って思えるようになっています。

ねじ1本の異常でも落ちる事があるって聞いて、怖くなりました。
そうですよねー、落ちるよりは遅れた方がいい。
あの飛行機の異常のある時のこわさったらないです。

キャビンアテンダントも着席して葵顔してるの見ると「死ぬんだ」って思う。

日航機の事故もそうでしたもんね泣

あんなこと二度とあってはならないのだ。

キャビンアテンダントの顔や動きを見ていると、普通にあるタービュランスなのかエンジントラブルのようなものなのか分かる
と言われていますが、じっさいにはキャビンアテンダントにも知らせ寧トラブルもあるらしく、
これはもう、、、祈るしかないのです。

それにしてもタービュランスもコワイですよねー。
とにかく飛行機はゆれることなく飛んでほしいものだ。
いつも思います。

整備士さん、どうかちゃんと点検をして、安全に飛ばしてくださーい。
パイロットの方も、どうぞよろしくーー。

このアーカイブについて

このページには、2018年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年10月です。

次のアーカイブは2018年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク