2018年1月アーカイブ

ノーベル賞もの

もし、完璧に治る水虫の薬を発明したらノーベル賞もの、って、その昔は言われてました。
でも今は治るみたいです。

白癬菌(はくせんきん)がついてから長い期間を過ぎると症状がだんだんと進行し、
「気がついたらこうなっていた」
という頃にやっと自覚症状が出てきます。
それは、かゆみから始まります。
そして何もしないで放っておくと、水ぶくれや皮むけなどの症状が出てきます。

こういう人、たくさんいますね。
かゆみがあっても放置する人もおおい。

かいてるのかな。。。

爪に寄生するのもあるからね、注意しましょ。

よくある足の症状」に見えても、そこに白癬菌が潜んでいる場合があります。
普段から水虫予防を心掛けたケアを行うことが水虫対策においてとても重要です。

あの人の足、なんかヤバイんじゃないかな、って思ったら、
近づかない事ですね。

プールにも行かない方がいいですよ。

このアーカイブについて

このページには、2018年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年12月です。

次のアーカイブは2018年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク