2017年12月アーカイブ

ひきこもり

中高年のひきこもり、という人は、全部親が負担していますね、
生活費やおこづかいまで。
親が年をとってきたらそれは年金になるわけだけど、もし親が亡くなったらどうするんだろう。

知り合いにもいます、もう、、、40代かなー、、、ずっと仕事せず、
というか、出来ないらしい、鬱なんだね。
でも年金で暮らすのだって限りがある、どうするんだろう。

現在の対策は、若者への就労支援が中心で、中高年への支援は十分とはいえない。
親世代は年老いて、「親亡き後」をどう生きていくかが切実な問題となっている。

ひきこもりは、国の定義では、社会参加せず6か月以上家庭にとどまっている状態を指してるんですって。
内閣府が15~39歳を対象に行った調査では、
全国に約54万人いると推計される。。。うわあ!多いねーー。
40歳以上の実態は把握されていないとか。

働くところがないし、本人ももう働く医師はないのかも??
どうするのか、私がここで心配してもしょうがないけど、
でも心配くらいさせてくださいよ。。

ひきこもり、っていうけど、心の病な事が多いのでね、
どこかで変われることを祈っています。

このアーカイブについて

このページには、2017年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年11月です。

次のアーカイブは2018年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク