2011年12月アーカイブ

夢と現実

小さな子供が大好きな私。

看護師になって小児科で小さな子供たちの世話をしたいっていうのがずっと夢だったんだよね。

だけどそれってとてもつらいことだっていうのが働きだしてからわかった...。

軽い病気で入院している子供たちならいいんだけど小さい体で重い病気と闘っている子供たちってすごく無邪気なだけにその無邪気さが悲しくて...。心が痛むんです。

そしてそんな私が今目指しているのが保健師という仕事。

看護師同様に人手不足で今後も重要な職種となっていくだろう職種なんです。

看護師よりも地域に密着した仕事の保健師。

私にはその方が合っているんじゃないかって最近つくづく思うんです。

事務職も考えたんだけどやっぱり私は機械相手なんかじゃなく人と触れ合っていたいって思うんですよね。

 

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク